銀行はすべて大手カードローンを提供している

銀行はすべて大手カードローンを提供しています。
なぜ銀行はすべて大手カードローンだといえるのかと言うと、
そもそも大手の消費者金融は銀行の傘下に入ってサービスを提供しているからなのです。

つまり、現在消費者金融としてカードローンを提供しているキャッシング会社というのは、
銀行の子会社としてサービスを提供していることになります。
銀行はすべて大手カードローンというのは誇張などではなく、
大手の消費者金融のすべてが大手の銀行グループの子会社として
経営を行なっていることから当然の結果だと言えます。

多くの消費者金融が傘下であること

これは、銀行と消費者金融の企業経営の実態を見ると非常に簡単に理解出来ます。
銀行はすべて大手カードローンなのは、大手の消費者金融が
銀行グループの力を得て上場企業になっている事を見れば一目瞭然でわかるのです。

当然ですが、上場企業になるためには社会的な信用性が不可欠になります。
消費者金融は金融機関とは言え、キャッシングという少額融資のサービスを基本として
経営を行っていましたので、上場企業として株式を募集するためには資金力が不足していました。

そこで、大手の消費者金融を現在の大手の銀行グループが取り入れて、自身の傘下としたのです。
元々、銀行というのは企業に対して大口の融資を行っていましたが、
一般的な個人に対する少額融資は全く行っていませんでしたので、
金融機関としての経営方針に関しても被ってしまうところがありません。

銀行はすべて大手カードローンだと言える理由も、
銀行の子会社として消費者金融が銀行のサービスの考え方が
導入してサービスを提供しているからに他ならないのです。

株価にも連動している

銀行はすべて大手カードローンなのは、株価の獰猛を見るとより鮮明になります。

カードローンのサービスの優劣はその会社の株価の優劣でもありますので、
株価の価値が上昇すればその会社のサービスとして連動することになります。
大手の消費者金融が株式会社としてサービスを提供している事を知っておけば、
その親会社である銀行の評価も自然と上昇することになりますのでわかりやすいのです。

Main Contents

COPYRIGHT© 2013 便利に活用 お金の借り入れ ALL RIGHTS RESERVED.